風水という視点から名刺を選ぶ

風水という視点からレディースの名刺入れを選んでみよう

名刺入れというのは取引先の相手にもみられるアイテムであり、いわばその人の顔のようなものです。ですからなるべき見られても恥ずかしくないようなものを選ぶ必要があります。ここではちょっと違った視点から見るレディースの名刺入れの選び方を紹介します。

仕事運が上がる名刺入れを選んでみる

名刺入れというのはなかなか頻繁に買い替える機会がないものですし、あまり自分の主張が入り過ぎてもいけないものでもありますから、買い替えるたびに悩んでいる女性の人も多いのではないでしょうか。さて、女性の中で占いが嫌いな人はあまりいませんよね。ですからレディースの名刺入れで悩んでいる人は風水の視点から名刺入れを選んでみると普段とは違った目線で名刺入れを探すことができるので、思わぬお気に入りの名刺入れが見つかるかもしれません。
名刺入れは仕事で使うものですから、どうせだったら歩水の視点で見て仕事運が上がる名刺入れを探してみましょう。
ここからは仕事運が上がる名刺入れとはどういったものか詳しく解説していきます。

上質な名刺入れを購入しよう

まず、名刺入れ自体を持たずに中には財布の中から名刺を取り出す人を見かけますが、あれは風水上絶対に避けなければいけない行為です。
財布から名刺を出しているというのは人にたとえて言えば自分の住居を持たずにネットカフェやダンボールで生活しているようなものですし、取引先に与える印象もとても悪いです。これでは仕事運は上がるどころか急降下です。
レディース、メンズに関係なく仕事運を上げたいのであれば目標とする自分像にふさわしい上質な名刺入れを購入するようにしましょう。ただしここで注意しなければいけないのは女子が持っているものよりも高級なものを購入しないようにすることです。特に新入社員があまりに高級なものを持っていると生意気なやつだと目をつけられる恐れがあります。

素材と色について

名刺れを選ぶうえで仕事運を考慮するのであれば、素材は革製品や金属のものを選ぶようにしましょう。このうち金属のものは実用性という意味でもまた、見た目という面でも特に新入社員の女性にはあまりお勧めできるものではありません。レディースの名刺入れを選ぶのであれば定番の革製品のものが一番適しています。
また、風水では色もとても重要視されます。仕事運を上げる色は風水上ではグリーン、またはブルーとされています。濃い色のグリーンやブルーであればあまり目立たず持ちやすいのではないでしょうか。また裏地がブルーやグリーンとなっているのもおすすめです。
そして仕事がうまく軌道にならないときは名刺入れの買い替え時としては良い機会でもあります。名刺入れを変えることで運気も変化する可能性もありますし、なにより持っている人の意識も変わるので仕事運が上向くこともあるのです。